2011年07月03日

我が家の節電法

   人気ブログランキングへ
     ↑↑↑今日もありがとうございます
     

住楽(じゅうらく)プロデューサー の”みやび”です。



東北電力と東京電力エリアは、15%節減に大変な夏に突入しました。

関西電力エリアでは、まだ、法的拘束はありませんが、

いつ、停電にならないとも限りませんので、今からできることはしなければ・・・。


ということで、我が家で、何ができるかと考えてみました。

できれば、苦しいと思いながらしたくはありません。

苦しいと、長続きしませんし、熱中症にならないとも限りません。


そこで、いろいろな節電方法を参考にしながら、今の時点でできることをやってみることにしました。


1.なるべくエアコンはつけないでおこう(今日まで、今シーズンまだつけていません)。

  扇風機は使っています。

2.西側にリビングなので、1日中電気が必要なのですが、

  むやみに電気をつけないようにしよう。
  
  電気をつけるだけで、暑くもなりますし。

  昔は、「暗いところで勉強すると、目が悪くなるよ」と言われましたが、

  あれは、電気があまり普及していなかった頃のことで、

  さらにその後も言われ続けているのは、親に隠れてマンがばかり読まないようにとの、

  親の知恵で、実際問題、今はほとんど問題ないと言われています。

  なので、今までが明るすぎたのです。

  もちろん、勉強机の電気はつけさせていますよ。

3.トイレの温水便座の電源を元から抜きました。

  もう、水でも大丈夫ですよね。

4.なるべく、ご飯は炊飯器では炊かず、IHで炊いて、残りのご飯は冷凍して、
 
  次に食べるときは、レンジにかけて食べよう。

5.コンセントのところをこまめにチェックして、待機電力を使わないようにしよう。

6.冷蔵庫にモノをたくさん詰め込まないようにしよう。

  特に我が家は、冷凍庫の中に、誰かさんが子どもの気を引こうと、

  アイスをよく買ってくるのでやめて〜〜〜。



今、やっていることはこんなところです。



他にもたくさん省エネ方法はあります。

でも、無理なく、そのおうちの生活にあった方法で、

一つでも多くの省エネ法を取り入れたいものですね。



決して、ガマンはしないでくださいね。

汗をかくことは、ダイエットにも効果がありますのでいいのですが、

その分水分はたくさん補給するようにしましょう。

私も、ついつい、水分を取るのを忘れます。

かなり、今年は、意識して水分を取るようにはしていますが、それでもついつい。






”みやび”の今日のひとこと      


ガスコンロも、停電になったら、使えないって、知ってました?



我が家のガスコンロは、システムキッチンに組み込まれているタイプですが、

古いタイプなので、着火する時のエネルギーを乾電池でしています。

なので、停電してもガスが使えます。



ところが、新しい機種は、パネルに液晶で数字や文字が出るタイプがありますね。

あれは、電源を使っています。

要するに、乾電池の取り換えを必要としないタイプのガスコンロは、

IHでもガスコンロでも、停電になると、使えないのは同じなのです。


ご存知でしたか?






――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆インテリアトムの公式ホームページ◆
  
http://www.interior-tom.com


姉妹ブログ♪
家族でDIY!環境にも子どもにもやさしい塗料
■「クレイペイント(自然粘土塗料)」■

  http://claypaint.seesaa.net/ 



是非、こちらを1回、クリックしてください。
お願いします↓↓↓。

     人気ブログランキングへ
posted by みやび at 21:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 住楽(じゅうらく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213028063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。