2011年07月10日

ガスは自動で止まります・・・地震対策おさらい編

   人気ブログランキングへ
     ↑↑↑今日もありがとうございます
     

住楽(じゅうらく)プロデューサー の”みやび”です。


大きな地震がきたら・・・そうですね、ガスメーター震度5以上を感じた時・・・の場合、

電気と違い、ガスは自動的に止まります。


とても助かります。


ガスが自動的に止まるということは、ガスコンロの火が消えるということですが、

自動的に消えたままにしないで、復旧する前までには、ガスの元栓や器具栓をとめてくださいね。


ガスが自動的に消えてくれて、助かりますが、

次に使う時、「復旧」をしなければなりません。

それは、ガスやさんに電話をしなくても、自分でできますので、

「復旧」方法は、覚えていてくださいね。

(キット、ガスやさんに電話が殺到し、つながりにくくなっているでしょう。

そんな時、イライラが増します。でも、あわてずに。)



ガスメーターがどこにあるかご存知ですか?

↓↓↓これは、あるマンションのメーターボックスの様子です。


一戸建ての場合は、外にガスメーターが出ています(検針の人が外から見えるようになっています)。


R0013401.JPG


この↑↑↑場合は、右上の白い四角いのがガスのメーターです。

ガスの異常があると、ランプが点滅していると思います。

それとは別に、そのガスメーターの左上に黒いボタンがあります。

キャップが付いていたら、それをハはずし、ボタンを押して(1〜3秒)下さい。

3分ほど待って、ランプの点滅が消えたら、使えます。


ランプが消えない時は、もう一度、お部屋のなかの元栓や器具栓が止まっているか確認してください。

それでも「復旧」ができないときは、ガスやさんに電話をしてください。

ガスが止まっているかもしれません。



ガスは、ニオイます。

におう時は、ガスはもちろんのこと、電気にもスイッチをいれないでくださいね。


地震の時は、特に、五感を使って情報を察知し、

普段とどう違うか、普段と同じか、を感じてください。



「住楽(じゅうらく)」で楽しい毎日を過ごしていると、五感が敏感に働き、

あなたの今の状態を正確に感じることができるようになります。



住楽とは、あなたの身の安全確認のお役にも立つことができます。

ご一緒に「住楽しましょ!」










”みやび”の今日のひとこと      


長男は火をとても怖がります。

何も怖い経験をさせたわけではありませんが、

2歳ぐらいから、はっきりと、「火は怖いもの」と思っています。

なので、いまだに、ライターの火も怖がってつけれません。


それとは反対に、次男は、全く気にならないようで、興味津々。

ライターの火も付けてしまいました。

びっくりしました。


次男には、火がとても好奇心をそそるようです。

だからといって、火遊びをしないで、と言っても通じません。

親の前では許可をだして、正しい使い方を教えなければならないと思っている今日この頃です。








――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆インテリアトムの公式ホームページ◆
  
http://www.interior-tom.com


姉妹ブログ♪
家族でDIY!環境にも子どもにもやさしい塗料
■「クレイペイント(自然粘土塗料)」■

  http://claypaint.seesaa.net/ 



是非、こちらを1回、クリックしてください。
お願いします↓↓↓。

     人気ブログランキングへ
posted by みやび at 23:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 住楽(じゅうらく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214259385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。